年金の株式運用、損するならやるな!

ニュースや新聞で言ってましたが、国が年金の株式運用でどえらい損失を出しているとのこと。言い訳としては「長~い目で見て下さい」ということらしいですが、どの面さげて言うとるんじゃ!ってな感じです。私たちから強引にむしり取っている年金を、我が物顔で使われてもホント困るんですよ。それにいくら損しても、その責任を誰も取ることはなく、追及されもしない。なんかおかしくないですか?それって人のお金でギャンブルやってるのと同じなんじゃないですか?もう損するならやるなと声を大にして言いたいです。

障害者に容赦なし

障害者年金を申請する歳に異様に必要書類が多過ぎます。国や地域の税金の中から頂く訳ですから、嘘の申請をされたら困ると言う事は充分に理解はできます。しかしながら、書類が多過ぎます。とても障害者がかけるレベルではありません。私の場合は精神障害ですが発症が早すぎて病歴を書くだけでも一苦労。母にも手伝ってもらわないと書けないものがありますが、母だって忙しいんですよ。何より何故前に行っていた病院に再び行って書類をもらわないといけないんでしょうか。私はあの病院が大嫌いで飛び出して来たんですよ。無駄な書類は省いた方がお互いの為になりますよね。

給料日の記帳

給料日はまずATMで車のローン代金と保険料、月末近くだとガソリンも少ないので、ガソリン代と自分の交際費も引き出します。貴重な給料が車の支払いで4分の1なくなるので少し残念です。先月は交通事故の相手の修理代金で給料のほとんどが消えました。春先だと自動車税の時期も重なって出費が多いです。クレジットカードの引き落としもあるので、給料が入った!と喜んで記帳してもすぐ下に引き出しの文字があるので大体これくらいかなと覚悟をして見ています。

年金の心配

年金に関してですが、毎年、確認のハガキが送られてきますが、それをみてもまったく将来年金で生活できないことがわかります。高齢化社会では年金では生活できないのでしょうか?このままでは、自分の子どもが年金をもらえるのがいつになるのか、いったいいくらもらえるのかなど、先行き不安なことばかりです。安心して老後が迎えられるような年金制度になるようにして下さい。歳をとるごとに健康面での心配もありますので、医療関係の制度も充実して下さい。