税金・年金のシステムは全員がわかるようにしなければならないのでは?

国民全員がわかりにくいシステム。しかもそれを国民全員にわかってもらうように説明しようともしない公務員。これでは税金も年金もわからない人が続出して当たり前。 なぜシステムの説明を全員がわかるようにしないのか?これでは政府の高官が良いとこ取りしようと考えているだけではないかと考えられてもしかたない。 義務教育の内から誰もがわかるような説明、さらには理解できない人には納得いくまで説明できるような仕組みづくりを行うべきではないだろうか?